中国在住10年を経て帰国。
中国、という日本とは違った視点で、
日本をあれこれ考えてみる、
日中文化考ブログ by 田中奈美
東洋経済オンラインで不動産バブルの勝ち組負け組をレポートしました
東洋経済オンラインのコラム「中国人・新世代エリートたちの本音」で不動産バブルの勝ち組負け組をレポートしました。
北京では、はじめて留学した2003年に家を買っていたら、10倍以上になったのに♪とよく言われました。当時の家が日本円で300万強。留学費用だってカツカツだったのに買えないって!
と、思ったのですが、そこで無理をしたかしないかが後の明暗が大きく分かれ、私は今、同様に無理をしなかった「負け組」の友人たちから、「(マイホームなんて一生買えそうにない)奈美がいるから心がやすらぐわ♪」と言われています。やれやれやれ。
http://toyokeizai.net/category/117
掲載情報 comments(0) trackbacks(0)
東洋経済オンラインで不動産バブルの勝ち組負け組をレポートしました
東洋経済オンラインのコラム「中国人・新世代エリートたちの本音」で不動産バブルの勝ち組負け組をレポートしました。
北京では、はじめて留学した2003年に家を買っていたら、10倍以上になったのに♪とよく言われました。当時の家が日本円で300万強。留学費用だってカツカツだったのに買えないって!
と、思ったのですが、そこで無理をしたかしないかが後の明暗が大きく分かれ、私は今、同様に無理をしなかった「負け組」の友人たちから、「(マイホームなんて一生買えそうにない)奈美がいるから心がやすらぐわ♪」と言われています。やれやれやれ。
http://toyokeizai.net/category/117
掲載情報 comments(0) trackbacks(0)
東洋経済オンライン「中国の成功した男は、なぜ愛人を囲うのか」

 いまさらながらのお知らせになってしまいますが、東洋経済オンラインのコラムに「中国の成功した男は、なぜ愛人を囲うのか」が掲載されました。

 楽しく読んでいただければうれしいかぎりです!

http://toyokeizai.net/articles/-/28022

 
掲載情報 comments(0) trackbacks(0)
東洋経済オンライン「中国No1大学、北京大生たちのシューカツ」

 東洋経済オンラインのコラムに、中国エリート学生座談会の第三弾が掲載されました。

 今回は、天下の北大生です。

 北京大といえば、中国の最高峰学府で就職でもバリバリな彼らですが、意外とやっぱり一人っ子世代なんだなあと思えるメンタルの繊細さを垣間見る座談会でした。

  面白く読んでいただけましたら、拡散よろしくお願いします!

 

※東洋経済オンライン「中国No1大学、北京大生たちのシューカツ」

 http://toyokeizai.net/articles/-/25142 

掲載情報 comments(0) trackbacks(0)
東洋経済オンライン「中国エリート理系学生座談会(上)」が掲載されました

 東洋経済オンラインのコラム「中国新世代エリートの本音」で、北京と上海のトップ大学生たちに語ってもらった就職活動模様の座談会第1回目が掲載されました。

 

 初回は上海の復旦大学と上海交通大学の理系院生の話です。

 超エリート学生たちなので、みんな就職は楽ちんかと思いきや、100社くらい応募したりと、けっこう苦労していました。

 それでも最終的には、がっつり内定を何社ももらい、結局、よいところに就職していたりするのですが。

 いまどきのトップ学生たちの本音をどうぞ。

http://toyokeizai.net/articles/-/20280 

掲載情報 comments(0) trackbacks(0)
東洋経済オンライン「日本の奥さんはCFO、中国の奥さんはCEO〜中国人エリート女性のホンネ対談(中)」

 東洋経済オンラインに「「日本の奥さんはCFO、中国の奥さんはCEO〜中国人エリート女性のホンネ対談(中)」が掲載されました。

http://toyokeizai.net/articles/-/17889

 

 前回の「中国のキャリアウーマンは、つらいよ〜中国人エリート女性のホンネ対談(上)」http://toyokeizai.net/articles/-/17443に続く2回目です。

 

 中国のバリキャリ(死語?)に、結婚生活の愚痴をマシンガントークで語っていただいたこの暴走座談会、まだまだ続きまして、最終回は来週の火曜日にアップされます。

 

 楽しく読んでいただければうれしいです!  

掲載情報 comments(3) trackbacks(0)
東洋経済オンライン「中国のキャリアウーマンは、つらいよ〜中国人エリート女性のホンネ対談(上)」

 東洋経済オンラインに「中国のキャリアウーマンは、つらいよ〜中国人エリート女性のホンネ対談(上)」が掲載されました。

http://toyokeizai.net/articles/-/17443

 

 中国で会社や部署を切り盛りしているバリバリのキャリアウーマンたちに、「中国の女性はなんでタフなんですかねえ」という質問からはじまり、仕事を持つ女性として結婚生活の愚痴をぶっちゃけトークしてもらう、という企画……、だったはずなのですが、参加してもらった3人とも初対面にもかかわらず、私とコーディネートしてくれた中国人の友人そっちのけで話がもりあがり、私も友人も口をはさむ間もなくマシンガントークが続くという暴走座談会でした。

 

 全3回で残りは来週、さ来週の火曜日にアップされます。

 楽しく読んでいただければうれしいです!

 (実際のところ、座談会は楽しかったけど、1人編集作業はものすごく大変だった!!) 

掲載情報 comments(0) trackbacks(0)
「東洋経済オンライン」にてコラム掲載のお知らせ

 「東洋経済オンライン」にて「中国人・新世代エリートたちの本音」というコラムを開始しました。

 中国人エリートたちのつぶやきから、今の中国社会をのぞきみようという試みです。

 

 初回は「これぞ中国のグローバルエリートライフ!〜「文化企業家」が語る中国の今」です。楽しく読んでいただき、応援していただければうれしいです!

http://toyokeizai.net/articles/-/16495 

掲載情報 comments(0) trackbacks(0)
お知らせ「月刊秘伝」意拳記事と「新潮45」制御不能の「PM2.5排出国」

 「月刊秘伝」4月号(3月14日発売)に、「達人・姚宗未侶賁 姚承栄老師が語る 姚家伝統 意拳の哲理(後編)」が掲載されました。

 

  中国のことわざに「行百里者半九十(百里を行く者は九十を半ばとす)」というものがあります。これは何事もラストに近づくほどそれを突破するのは困難になるものなので、百里のうちの九十里を半ばと思ってすすむべしという意味になります。

 

 武術の鍛練も「その道をゆくと決めたなら、どれだけ遠くとも、途中で休憩をせず、目的地まで歩きつづけなければならない。そして目的地に近づけば近づくほど、さらに倍の努力で突き抜けなくてはならない」と、そんなお話をうかがいました。

※「月刊秘伝」http://www.bab.co.jp/hiden/

 

 続いて「新潮45」4月号(3月18日発売)で、「制御不能の「PM2.5産出国」」を執筆しました。

 大気汚染ほか環境問題とは、長い時間をかけ、知恵を集め、苦労をし、乗り越えてゆくものだと思いますし、日本のもそうして今の環境を作ってきたと思います。

 中国にはその準備や覚悟があるのかといえば、まだすべては始まったばかりで、その行く末自体がスモッグの中です。ただ中国の汚染の背景にある要因は非常に複雑です。そのもつれっぷりをレポートしました。

※「新潮45http://www.shinchosha.co.jp/shincho45/

 

 ちなみに突風が黄砂をまきちらした先日、中国のネットではこんなものが↓転載されまくっていました。 

掲載情報 comments(0) trackbacks(0)
月刊「秘伝」に掲載

 日本のディープで熱い武道・武術・格闘技雑誌「秘伝」3月号(2月14日発売)に、私が北京で習っている意拳の師のインタビュー「姚家伝統 意拳の哲理」が掲載されました。

 前編(技術編)と後編(エピソード編)の2部でお送りするこの記事、今回の技術編では意拳でいうところの全身力の統一とは何か、動きの中に安定とは何かを中心に、師に語っていただきました。

 

 武術に興味のない方にはチンプカンプンかと思いますが、たとえて言うなら、全身力が整っているとはフットサルで超ロングシュートが決まるような状態、動きの中の安定を得られるとは北京の急ブレーキがガンガンかかるバスの中で手すりにつかまらずに立っていられるような状態といえるでしょうか。

 

 メインの特集は「"体操"で強くなる! 強靱かつ自在に操れる肉体創成の極意」で、自衛隊体操、四股鍛錬法、肥田式強健術、野口体操がとりあげられていて、武術と関係なくともおもしろそうです。

 

 もし書店などで目にする機会がありましたら、手にとって(&買って♪)いただけましたらうれしいかぎりです!

 

※月刊「秘伝」http://www.bab.co.jp/hiden/ 

掲載情報 comments(2) trackbacks(0)
| 1/3 | >>