中国在住10年を経て帰国。
中国、という日本とは違った視点で、
日本をあれこれ考えてみる、
日中文化考ブログ by 田中奈美
農村発振り込め詐欺法

 新京報の14日付報道によれば、中国の農民詐欺グループが、外国企業をペテンにかけるという事件があった。

 

 手口はこうだ。

 くだんの詐欺グループは、まず偽の輸入会社を設立。

 外国語のわかる大学生をやとい、海外の企業に問い合わせを出し、反応のあったところと何度かメールをやりとりして、大量の注文票を出す。

 

 続いて、先方の外国企業の担当者が、取引のために中国にやってくると、金払いをよくするための「袖のした」としてパソコンの贈答を「推奨」し、さらに帰国した担当者が、入金を促すと、外貨入金のための手数料などを先に振り込んでほしいと口座を通知。

 それで先方が数千ユーロを振り込んだところでドロン、という次第だ。

 

 1グループが成功すると、それに学んだ同郷の村人たちも同様の詐欺を行い、ほとんど村まるごと、インターナショナルな振り込め詐欺に従事していたとか。

 

 国際的な架空の商談詐欺はすでに報じられている話だが、中国の農村発の振り込め詐欺も、黄砂とともに海を越えるボーダレスな時代である。 

ニュースで読む中国 comments(0) trackbacks(1)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://china.gaogao.boo.jp/trackback/1473461
東京都内で4月に起きた振り込め詐欺の被害件数が、2008年11月以降で最悪になっているとの発表がありました。「おれおれ詐欺」の被害が多いようですね。一昨年あたりから、騒がれるようになった「おれおれ詐欺」等の振り込め詐欺ですが、昨年は関連の報道や書籍が多く見
| ニュース記事を運ぶジェイムズ鉄道 | 2010/05/13 05:47 |
<< NEW | TOP | OLD>>