中国在住10年を経て帰国。
中国、という日本とは違った視点で、
日本をあれこれ考えてみる、
日中文化考ブログ by 田中奈美
ニセ領収書

 2009年度の政府の監査報告によれば、中央政府の56機関で、経費として申告された領収書の中で虚偽の疑いがある29363枚のうち、5170枚がニセモノで、それに支払われた金額は1億4200万元(1元=13円)にのぼったという。

 

 中国のホテルやレストランなどでは、税務局が発行する領収書を買い取る形で、納税している。だが、本物そっくりにつくった偽領収書で、脱税を図るというケースもしばしばあり、もらった領収書がニセモノという事もありえる。

 

 しかし、今回の監査では、発覚した1億4200万元のうち約1億元は、役所部門が上層機関に虚偽の経費申請をし、不正に資金を得ていたものだそう。

 また、この種のニセ領収書には、偽経費を通すため、担当役人に支払われる謝礼分なども上乗せされている。

 

 報告では1億4200万元となっているが、これもすべてを調べたわけではないようなので、実際はさらに多額の不正資金が、ニセ領収書によって、役所の懐に流れ込んでいると思われる。

 

 この手のニュースが出るたびに、それが示すところは、このシビアな社会では正直者がバカを見るということかと思ってしまう。 

ニュースで読む中国 comments(0) trackbacks(1)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://china.gaogao.boo.jp/trackback/1473531
領収書 書式、見本、書き方、作り方、印紙税についての情報です。
| 領収書 書式、見本、書き方、作り方、印紙税 | 2010/07/05 12:11 |
<< NEW | TOP | OLD>>