中国在住10年を経て帰国。
中国、という日本とは違った視点で、
日本をあれこれ考えてみる、
日中文化考ブログ by 田中奈美
情報統制を超えた俊介くん@ポメラニアンブーム

 日本のツイッターで人気が出たポメラニアンの俊介くんが、中国でもブームになっている。

 

 中国では当然ながらツイッターは見られないが、新浪ミニブログに俊介君のアカウントが登場し、日本のツイッターの内容が抜粋&転載されている。

 その様子は、しゃおりんさんがブログで紹介している通りである。http://pekin-media.jugem.jp/?eid=1221#sequel

 ちなみに新浪ミニブログでのフォロワー数は現時点で21万人を超えている。

 

 中国での報道によれば、このミニブログはファンの成りすましの可能性が極めて高いという。http://news.ifeng.com/gundong/detail_2011_08/19/8529798_0.shtml

 


 さらに今朝のCCTV経済ニュース番組では、この俊介くんブームを受け、中国で白いポメラニアンが高騰し、品薄状態にあるという話を報じていた。

 

 以前、岩手県で飼われているかご猫「シロ」のブログが、中国人ファンによって新浪ミニブログに転載され、東日本大地震をきっかけに大ブレイクしたという話があった。

 かご猫「シロ」は今、キャノン中国のキャンペーンにも登場しているが、日本のかご猫ブログは、実は中国ではアクセス禁止のFC2のため、見ることができない。

 

 中国では見られないはずのツイッターやブログの内容が、新浪ミニブログなど中国SNSに(勝手に)転載され、たちまちブームになることに情報統制の意味を問いたくなる。 

中国メディア産業 comments(0) trackbacks(1)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://china.gaogao.boo.jp/trackback/1473964
 【北京 ニュース ブログ】  つぶらな瞳と、ぬいぐるみのような愛らしい姿……。  ツイッターで今、大人気の日本在住のポメラニアン・俊介くんが中国メディアにも登場しました!  俊介くんは、2002年生まれ。  ツイッターは、飼い主にあたる 「shun m
| 北京メディアウオッチ 〔ブログ〕 | 2011/08/30 09:58 |
<< NEW | TOP | OLD>>