中国在住10年を経て帰国。
中国、という日本とは違った視点で、
日本をあれこれ考えてみる、
日中文化考ブログ by 田中奈美
子供の虐待死は行政のせい?

 日本のテレビでニュースを見ていると、子供の虐待死を報じていた。

 児童相談所が保護していた児童を親元に戻したところ、2週間後に虐待で亡くなったという。

 

 これについて、児童相談所の判断が妥当だったのかという報道である。

 子供を殺してしまう児童相談所は税金ドロボーだという批判がある。しかし、児童相談所が税金を有効活用してきちんと機能していたら、子供は死なないものなのだろうか。

 

 私は実のところ、日本の児童相談所がどれだけいいかげんで酷いところで税金ドロボーなのかを知らない。

 だからこんなことを書く資格はないのかもしれないが、ただ少なくともテレビに出ていた児童相談所の職員は、その人自身親元に戻したことをとても悔いているようだった。

 

 子供が親といられるならそれに越したことないだろう。

 親元に戻して、親子の間に信頼関係が少しでも生まれる可能性を模索できるのであれば、それがベターではないだろうか。

 

 しかしそうしたことが可能な状況なのか、あるいは子供を親から切り離し続けなければ子供の命が守られないほど危険な状況なのか、その判断は、「プロ」であれば簡単につけられるものなのだろうか。

 

 物事がよい方向にいくかどうかの境界は、ときにとても曖昧だ。

 よい方向に向かうことを願って行ったことも、時に逆にとりかえしのつかない結果をもたらしてしまうことがありうるだろう。

 

 改めて、子供の死は行政の責任だろうか。純粋に、親の責任ではないのだろうか。

 行政は子供を過度に保護すれば拉致だといわれ、子供を親元に戻せば無責任だと責められる。その状況でどうやったら「正しい判断」をすることができるのか。

 

 批判や批評は社会をかえうる力となる。

 しかし本当の意味で社会を「正しく」変えうる批判というのは、案外、非常に難しい。

 なせなら「正しい」ことが、よりより未来を作るとは限らないからだ。むしろその「正しさ」が社会をより狭窄で排他的なものとしうる。

 

 児童相談所のことでいえば、相談所は子供の命を守るべきである。

 それは正しい。

 守れない児談所が批判されるのも当然である。

 でもその「正しさ」が、今後、児童相談所のありようをよりよいものにしてゆけるとは、どうしても思えない。

 

 いま日本に必要なのは、「正しさ」を前面に押し出した批判ではなく、複雑な状況の中でどのように事態を好転させてゆくかを模索するための、良質な議論ではないのだろうか。

 しかしその議論の部分より、批判のほうが横行しているように思えてならない。 

日本小景 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://china.gaogao.boo.jp/trackback/1474721
<< NEW | TOP | OLD>>