中国在住10年を経て帰国。
中国、という日本とは違った視点で、
日本をあれこれ考えてみる、
日中文化考ブログ by 田中奈美
天津爆発拡大の、言い得て妙な「官話」
 天津の爆発がこれほど大規模になったのは、消防員が水をかけたせいではないか、という疑惑について、当局の見解は「一般に消防員は現場に到着して、何が燃えているのかなどの情報をもとに消火の方針をたてる。しかし火事の現場では、その情報が間違っていて、突発的な状況が起こり得るもので、緊急の措置をとらなくてはならない。(中略)今回は事故現場執念には、大量の新車を保管した倉庫があったので、まず水を使用した。ただ消火の過程で水によって爆発する物質があったものと思われる」。
 なかなか言い得て妙な見解である。
 
 なお、北京の新聞「新京報」はこれについて、初期消火にあたった消防員を追加取材し、「消火を始めて15分後にコンテナが爆発した」という証言を掲載していた。
 
※官方回“爆炸是否与救火不当有关”
http://epaper.bjnews.com.cn/html/2015-08/15/content_593277.htm?div=-1
ニュースで読む中国 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://china.gaogao.boo.jp/trackback/1474827
<< NEW | TOP | OLD>>