中国在住10年を経て帰国。
中国、という日本とは違った視点で、
日本をあれこれ考えてみる、
日中文化考ブログ by 田中奈美
北京のとある新聞にみる安倍談話への中国的反応
 安倍総理の戦後70年談話について、中国のニュースをみていると、「直接のお詫びの言葉を避けている」といった報道はみられるが、以前、反日でもりあがっていたときのような強いバッシングはみられないようだ。
 
 加えて北京の新聞「新京報」では、安部談話にお詫びがなかったという記事とは別の面で、「日本普通人の戦後生活」という記事をさりげなく掲載。
 以前の反日下の中国のメディアでは、軍国主義の日本を報じても、敗戦後の庶民の生活を紹介する記事などまず掲載されることはなかったと思う。
 
 さらに書評欄で、日本人孤児の本を取り上げ、「一人の日本孤児の見証」などという記事を掲載した上に、さらには『漢訳与謝蕪村俳句集』なる本も紹介して、なんだかこそばゆいくらいである。
 
 中国のメディアは、お上が日本を叩くと決めている時には、叩く系の記事しかのらない。
 一方で、上が日本との関係を考慮しようという方針のときには、「普通の日本人の生活」や日本文化を紹介する記事を散見するようになる。
 ということで、今しばらくは、「そういう時期」ということのようである。
ニュースで読む中国 comments(2) trackbacks(0)
Comment








昨日のCCTVの7時のニュースではトップニュースは天津爆発事件を取り上げ、安倍発言は2番目でしたので、当局も天津爆発の処理に必死で安倍さんに構ってられないという状況もあるようです。
from. 原口有 | 2015/08/16 11:18 |
原口様、なるほどやはりそのような事情もあるのですね!
from. 田中奈美 | 2015/08/16 17:36 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://china.gaogao.boo.jp/trackback/1474828
<< NEW | TOP | OLD>>