中国在住10年を経て帰国。
中国、という日本とは違った視点で、
日本をあれこれ考えてみる、
日中文化考ブログ by 田中奈美
人の目文化と顔面偏差値文化

 資生堂がすっぴんでテレビ会議に参加できるアプリを開発したそうだ。日経新聞を見ていたら、そんな記事がのっていた。

 すっぴんでも、画面上の顔は化粧しているように表示されるという。

 

 以前、北京―東京で、スカイプ取材をしていたとき、部屋にいるのに、毎回化粧するのもちょっと面倒だなあと思っていたことがあった。

 でもさすがにすっぴんで取材するのは失礼だし、自分もはずかしい。

 

 先日もまた、やはりスカイプで、遠方の日本人とやり取りをした際、私はすっぴんだったので、最初からカメラはオフにしていたら、相手からはビデオ通話がかかってきて、少々焦った。

 

 なので、この記事を読んだとき、おもわず「ナイス!」と、感激してしまったのだが、同時に、このアプリは、中国ではあまり受けなそうだなとも思った。

 

 中国の女性は化粧をしていない人もけっこう多いし、そもそも、「すっぴんでは恥ずかしくて外に出られない」みたいな考えは、人の目が気になる日本人的思考だろう。

 

 例えば、夏場、ドラッグストアやスーパーの棚一面に並ぶデオドラント商品などもそうだが、人の目気になる系の商品は、日本では一大ビジネスになっていると思う。

 北京のスーパーでデオドラント用品がずらりと並んでいるのを見たことはないし、売っていたとしても、周囲を気にして清潔に保つために使うというより、自分がさっぱりするために使うだろう。

 

 そして、自分自身、北京ではほとんど使うことがなかったデオドラント用のボディシートを、東京で大量に消費しながら、やっぱり自分は日本人だったと実感するのである。

 

 さて、話を戻すと、くだんの資生堂のアプリ。中国で、報道されているだろうかと、調べてみたら、天下の人民網が、朝日新聞の記事を翻訳&要約する形で伝えているのが、一件だけヒットした。

 

 でも、タイトルは「生堂推出美妆软 可提高视频画面颜值(資生堂が化粧アプリを開発、ビデオ画面で、顔値が向上)」。

 ちなみに朝日新聞の元のタイトルは「すっぴんでも画面内ではバッチリメイク 資生堂がアプリ」となっている。

 

 「顔値」というのは中国のネット用語で、直訳すれば、「顔面偏差値」とでもなるだろうか。

 美人の価値が高いのはどこの国でもかわらないが、こと、中国において、顔立ちのよさは学業でも仕事の上でも、日本以上に、有利になる要素だと思う。

 

 以前、北京五輪の開会式で、歌を歌った女の子の容姿がいまいちだったので、舞台にはきれいな子を立たせて口パクさせたという騒動もあった。

 

 そんな次第で、「すっぴんでは人前に出られない」日本人女性のために開発されたアプリは、ところ変われば、顔面偏差値を向上するアプリとして紹介される。

 そして仮に、かの国で、配信されることがあれば、「自分の価値を上げるためのアプリ」として使われるのかもしれない。

日中カルチャーギャップ comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://china.gaogao.boo.jp/trackback/1474859
<< NEW | TOP | OLD>>