中国在住10年を経て帰国。
中国、という日本とは違った視点で、
日本をあれこれ考えてみる、
日中文化考ブログ by 田中奈美
北京の銀行でパスポート番号を変更する

 6月に北京に行ったとき、私には重大な案件があった。

 それは、10年パスポートの期限切れにともない、北京の銀行に登録している旧パスポートの番号を新パスポートの番号に変更する、ということである。

 

 たかがそれだけ、といえばそうなのだが、実は10年前、やはりパスポートの切り替えで番号の変更した際は、本当に大変だった。

 

 というのも、当時、私の通帳名義は「田中奈美」と漢字で登録されていたのだが、本来はローマ字で登録する必要があったことが、パスポートを切り替える段階になって発覚。 

 「田中奈美」のままでは登録しているパスポートの番号を切り替えられず、現状の口座を一度閉じて、新たにつくりなおさなければならないということだった。

 が、そうすると引き落とし口座や、オンラインの支払い用に登録している口座などを全部変更する必要があり、そうとうすったもんだした。

 

 結局、窓口責任者のおばさんが出てきて、あれこれと知恵をひねり出してうまくやってくれた。

 

 さて、あれから10年。今回、口座名義はローマ字に変更済みだが、そもそも、中国の銀行は基本的に国民総ナンバーの身分証番号で口座管理していて、番号を変更するという手続きはあまり一般的ではない。そして一般的ではない手続きにはトラブルがつきものである。

 

 事前に国際電話をして、とにかく銀行カードと新旧のパスポートをもって最寄りの窓口に行けばOKということを確認し、万全の構えで北京の銀行に赴いた。

 ところが、である。

 窓口で、端末の操作をしていた係員のお姉さんの手がとまった。

 そして、私の銀行カードには紐づけされた定期預金の口座があり、その通帳をもってこないと、パスポート番号の変更ができないとのたまう。

 

 定期預金はとっくのむかしに解約したはずだが、どうやら当時の窓口係が預金をただ空にしただけで、解約処理をしていなかったらしい。

 

 口座はカラのはずだから、その場で解約すれば、と思ったものの、通帳がないと、まず通帳の紛失処理をして、それから解約手続きをすることになるので1週間以上かかるとのこと。

 滞在日数は4日しかないので、そんなに待てない。

 

 ということで再びすったもんだしていると、窓口の責任者らしい年配女性が「どうかしましたか?」とやってきた。

 チャキチャキの北京のおばさんで、今回も頼りになりそうな人物である。

 彼女に事情を話すと、やはりまず「新しい口座をつくりなおしたら」と提案があった。

 

 しかし今回の問題は、これがWECHATペイに紐づけしている口座だ、ということである。

 現在、一つの銀行で個人が開ける普通口座は一つときまっている。なので、WECHATペイでは、同一銀行の同一名義で同一タイプの別口座番号に切り替える、ということはできないはずである。

 そしてWECHATペイが使えないと日常生活に支障をきたす。

 

 では、銀行側でWECHATペイに登録した口座を変更できるのかときけば、「できません」。

 自分でWECHATペイに電話をして事情を説明せよというのだが、それで話が通るとは到底思えない。

 

 途方に暮れていると、責任者の女性いわく、「大丈夫! 中国は同姓同名が多いから、同姓同名のいとこの口座に切り替えるといえばいいわ! パスポート番号も違うからそれで通るはず!」

 それはなかなかの妙案だが、石橋叩いて渡るタイプの日本人メンタル的には「もしそれでうまくいかなかったら?」という心配がむくむくとわいてくる。

 

 「それより今、この場で、、ちゃちゃっとパスポート番号変更してもらえると助かるんですが」と返した私に、「あなた、中国語は通じるのに、なんで話が通じないの?!」と、キレる責任者の女性。

 

 結局、ごねたところで、帰国後、定期の通帳を探して出直すか、通帳の紛失届を出して次回手続きをするか、新しく口座を作り直すの三択しかないという事実はかわりそうにない。

 実は、おぼろげながら、北京で使った通帳は捨てずに保管していた記憶があった。保管場所ををあされば出てくる気がする。

 

 「帰国してから通帳探してみます」

 責任者の女性にそうつげると、「それがいいわ!」と、笑顔になった彼女。

 「WECHATペイの口座変更はやっぱり面倒だから」。

 さっきのいとこの口座案は何だったのか。

 

 ということで、振出しにもどった変更手続き。

 後日、帰国してから定期の通帳を探したところ、幸い見つけることができた。もっともこれで、次回は手続きができるのか、いまから兢々としている。

中国小景 comments(3) trackbacks(0)
Comment








はじめまして。
パスポート更新で銀行での手続きをした際に、微信やアリペイに登録したパスポート番号も変更できましたでしょうか?
私は、アリペイについては人工知能ヘルプセンターでの問い合わせで何とかパスポート番号変更フォームにたどり着き、その後にスタッフを呼び出して、申請がされているという確認が取れました。
しかし微信の場合は、どのようにして変更してよいのか分からずじまいです。
from. ukp_simple | 2018/12/17 21:34 |
ukp_simpleさま
はじめまして。コメントをありがとうございました。残念ながら微信のことはわからずお役にたてずに申し訳ございません。
from. 田中奈美 | 2018/12/18 18:16 |
ご返信、ありがとうございます。

アリペイについては確認したところ無事パスポート番号が新しいものに更新しておりました。
微信については下記URLの手順で実名登録を一度削除して、再度銀行口座との紐づけによって新しいパスポート番号での実名登録ができることが分かりました。
https://zhuanlan.zhihu.com/p/36022948
私は中国語はあまり話せないにもかかわらず、中国ビジネスコンサルタントをしておりますが、執念とネット検索用語の組み合わせでなんとか辿り着きました。
from. ukp_simple | 2018/12/19 03:52 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>